塗装リフォーム川口市片貝塗装
 

木部塗装・木材保護


ホーム 新着情報 会社案内  問い合わせ 求人案内

木材保護塗料 (日本エンバイロケミカルズ)
特長

  1. 木材の内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮
    木材に浸透し、内部から腐れやカビ、木の害虫による被害を防ぎます。
    ※防虫性について キシラデコールの防虫効果は「木材害虫から木の加害を予防すること」を目的としたもので、「木材害虫を駆除すること」を目的とした殺虫効果とは異なります。このことから、キシラデコールを塗布する以前に木材中に存在していた木材害虫を駆除することはできません。
    キシラデコールに使用されている薬剤で、予防効果が確認されている虫は、以下の3種です。
    • @オウシュウイエカミキリ
    • Aヒラタキクイムシ
    • Bシバンムシの一種(Anobium punctatum
    なお、気象条件、木材の含水率、木材樹種などの要因により塗布量が足りない場合、また塗料の経年劣化に伴い、木材中の薬剤が変性・劣化した場合は、十分な防虫効果が得られないことがございます。
  2. 色持ちのよさを誇る耐候性
    日光や風雨に強い耐候性顔料が使われていますので、鮮明な色が長持ちし、長期にわたって木材を保護します。
  3. 木目を生かした自然な仕上り
    木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作りません。木の通気性を保つため、木の呼吸を妨げず、塗膜のフクレ、ワレなどの現象がおこりません。
  4. 塗りやすく、抜群の作業性
    ハケさばきが良く塗りムラになりにくいので、簡単に仕上げることができます。また、塗膜を作らないので、塗り替えの際もゴミやほこりを落とすだけで上塗りすることができるなど、メンテナンス性にも優れています。

用途

内地材、輸入材を問わず、住宅などの木質系外装材、屋外用材に使用します。
ログハウスの外壁、ウッドデッキ、 ラティス、ベンチ、木柵、パーゴラ等屋外で木部を使用する際の保護と美装着色に使用します。
公共の建物、大型建築物から重要文化財まで、メンテナンス間隔の長いもの、長期にわたって維持、管理が必要なものに多数の実績があります。

塗装方法

●塗装方法

ハケやコテバケで2回塗り(とくに強い耐候性を必要とする場合には、3回塗り)します。
塗装時の木材含水率としては、針葉樹の場合25%以下、広葉樹の場合20%以下を標準とします。

●塗布量

1m2当り150〜200ml(牛乳瓶約1本分)を使用します。
(1Lで5〜7m2の塗装ができます)

●乾燥時間

乾燥時間は通常約24時間
塗り重ね乾燥時間は12時間以上(下塗りのカラレスの場合 2〜6時間)
冬期は3日以上かかることがあります。
※この乾燥時間は、木材含水率18%、気温20℃、湿度65%における表示です。

 

容量

0.7L(約3.5〜5m2塗装分)
4L(約20〜28m2塗装分)
16L(約80〜110m2塗装分)

色

木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料
木部塗料




Copyright(C) 2009 Katagai toso All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】