塗装リフォーム川口市片貝塗装
 

鉄部塗装・錆止め塗装・錆止め塗料・錆穴パテにナプコバリヤー

ホーム 新着情報 会社案内  問い合わせ 求人案内

鉄部塗装による保護及び錆止め塗料


鉄部の錆る原理
 水-酸と錆の関係
  錆とは金属が酸化することで、金属から電子やイオンが移動することによって起こります。そのため、表面に電解質である水溶液がないと鉄は錆びることはありません。表面に結露や雨水の付着などによって、鉄は錆びます。鉄が錆びる上で、水のほかのもうひとつの要素は、酸素であります。酸素がないと鉄は錆びることはありません。また、水に強電解質である塩(塩基)が加わると、錆の発生が促進されます。


錆落とし 

鉄の錆処理の一般的な方法は、サンドペーパーやワイヤーブラシ、サンドブラストなど物理的な方法で錆を取り除き、露出した金属表面が酸素と化合して再び錆に戻らないように、防錆塗料を塗布することです。しかし、錆を完全に除去するのは、たいへんな労力がかかります。鉄構造物などの塗り替えを経験した人なら、わかると思いますが、高速道路や橋梁、プラントなどのケレン作業というのはとてつもない作業になります。 また、表面が均一に錆びているのではなく、錆が進行している場合は深い部分を取り除くうちに、鋼鈑に穴が開いてしまうこともあります。結局、塗装を行う上で最も手間がかかる作業は、塗装の下地処理です。


密着力
塗料の密着力は、樹脂の性質によるところが大きい。一般的には、油性→アルキド→塩化ゴム→ウレタン→エポキシの順で塗料の密着力は強くなります。

塗料選択
エポキシ系錆止め塗料が住宅の塗替では多く使用されておりますが、一液タイプの製品は必ずしもベストマッチとは行かないようです。錆の発生が軽度であればさほど問題はではないのですが、強度の錆では錆を抑えきれず、塗装後1・2年で塗膜の表面に錆の発生が見られます。とはいえ、最近では、2液のエポキシ錆止め塗料と同等の性能を持つ塗料も昨今開発が進み各社が 新製品を発表しております。具体的に 下記に明記いたします、塗料は実際に 私どもが 使用しております塗料です。現場の状況により判断、チョイスしております。順不同


鉄パテ・防錆・防侵食
錆穴には 関西ペイントのナプコバリヤを推薦いたします。
保護実績は 30年以上侵食しません


日本ペイント

水性ハイポンプライマー   エスパーワンU   ハイポン20デクロ   速乾PZヘルゴン下塗り
シアナミドヘルゴン(JISK5625)    一液ハイポンファインデクロ
ハイポンファインプライマーU

関西ペイント

アレスパワーMレタン   ラスゴン   ザウルスEX   スーパーザウルス   アレスイーグル
アクアマックス   シアナミド鉛さび止めペイント (JISK5625)


エスケー化研

マイルドサビガード  エポサビマイルド   SKマイルドボーセイ  SK水性サビガード

製品説明

水性ハイポンプライマー   日本ペイント

水性1液速乾エポキシ系錆止め塗料       
水性1液速乾エポキシ系錆止め塗料『水性ハイポンプライマー』は環境のことを考えた、安心の水性塗料です。しかも水性塗料でありながら、防錆力・速乾性・作業性に優れ、大変使い易いものとなっております。新設から塗替えまで、建築を主体とした鋼構造物の美粧と保護に素晴らしい効果を発揮します。
用途 鉄面全般・旧塗膜面・硬質塩ビに対しても密着を保持します。 上塗りには、水性タイプをお使いください。
特長
1. 水性。水性なので環境にやさしく、安心して塗装ができます。
2. 防錆力。JISK5625品を越える錆止め効果があります。    
3. 速乾。4時間(20℃)で塗り重ねが可能です。
4. 低臭。水性・低臭なので屋内での使用が可能で、作業環境も改善します。
5. 有害金属フリー。鉛・クロムを一切配合していません。
6. 高作業性。作業性が良く、なめらかな肌に仕上がります。
施工上の注意 上塗りには、水性塗料を使用してください。刷毛は出来るだけナイロン刷毛を使用してください。




  エスパーワンU   日本ペイント

1液速乾エポキシ変性錆止め塗料    
錆止め塗料の長所を統合。
エポキシ錆止め塗料の付着性、ジンクロメート錆止め塗料の速乾性、油性錆止め塗料の作業性を実現、これら従来の錆止め塗料の長所を統合しました。
用途  一般鉄部の錆止めに最適な速乾タイプの錆止め塗料です。
長所
1. 広範な下地適応性と上塗り適性。付着性に優れ、各種旧塗膜に対応。また、OP系フタル酸系、NAD系塗料などの上塗り塗料にも適応します。
2. 工期を短縮する速乾性。ニッペエスパーワントップを4時間で上塗り塗装が可能です。その他弱溶剤系塗料での当日上塗りが可能です。
3. 環境にやさしい弱溶剤形。塗料用シンナーで希釈するターペン可溶。しかも、鉛フリーですので、作業者にも環境にも優しい塗料です。
4. 優れた防錆力。付着性に優れた特殊変性エポキシ樹脂を使用、JISK5625並の防錆力を発揮します。
5. 滑らかな仕上がり。油性錆止め塗料と同等のなめらかな使用感は、平滑で細かい肌に仕上がり、上塗り塗料の艶を十分に生かすことができます。
6. 広範な調色をカバー。現場での調色にも簡単に対応できます。エスパーワントップ原色もしくは当社OP原色ともに3%以内の調色が可能です。


  ハイポン20デクロ   日本ペイント               当社推薦

変性エポキシ樹脂下塗り塗料         
 

低温時に於いては乾燥が著しく低下し、乾燥過程でさまざまな塗膜欠陥が生じるおそれがありますので5℃以下の気温が連続する場合は、ハイポン20デクロWを使用します。

塗替え塗装での省力化と合理化に最適!!
エポキシ樹脂塗料は2種ケレンに塗れない物、と言う常識をくつがえした「ハイポン20デクロ」シリーズ!!
特長
1. 塗膜の柔軟効果。従来のエポキシプライマーの場合ですと、塗膜が硬化や温度変化で収縮してさび層を引き起こし、腐食が進行しました。「ハイポン20デクロ」は、塗膜に柔軟性があるため、さび層を引き起こしません。
2. オン交換体の効果。腐食性物質の塩分をキャッチするイオン交換体を塗料中に含有させ、海塩粒子の悪影響からも鉄を保護します。
熟成時間(硬化剤混入後) 15分  
ポットライフ(可使時間)  ハイポン20デクロ      12時間(5℃)    8時間(20℃)  5時間(30℃)
                ハイポン20デクロW       6時間(−5℃)   4時間(5℃)   3時間(10℃) 


  速乾PZヘルゴン下塗り   日本ペイント

環境配慮型 油性系錆止めペイント (塗膜中鉛含有量0.06%以下)  
特長
1. 鉛など有害重金属を含まない錆止め塗料です。
2. 塗料性能は、シアナミド鉛錆止めペイントと同等です。  
 容量・価格…20s/缶・¥14.900−


  シアナミドヘルゴン   日本ペイント

JISK 5625シアナミド鉛錆止めペイント    
塗膜の浸透性。塗膜が水分の浸透を防ぐ性質が大きく、かつ長期にわたってその変化の程度の小さいことは、錆止め効果を持続する上で重要な性能です。
   特長
1. 一液形のため、作業性に優れています。
2. 亜酸化鉛(二液形)に比べ貯蔵安定性が優れているため、品質が安定しています。
3. すぐれた暴露耐久力をもっています。
4. 毒性が少ないので、安心してご使用いただけます。
5. 内部乾燥が早いので、短時間で上塗りが出来ます。
6. JISK5625(シアナミド鉛錆止めペイント)に合格しています。
 注意 … 有機溶剤中毒のおそれがあります。  健康に有害な物質を含んでいます。


  一液ハイポンファインデクロ   日本ペイント               当社推薦

ターペン可溶一液速乾変性エポキシ系さび止め塗料
さびに強く、乾きの早い一液変性エポキシ塗料が出来ました。
2液変性エポキシ樹脂塗料と同等の防錆力を持ち、素早い乾燥性のターペン可溶一液系さび止め塗料「一液ハイポンファインデクロ」が完成しました。
抜群の乾燥性があり、1日に2コートが出来ます。
密着力が抜群で、旧亜鉛メッキ(溶解亜鉛メッキ)、アルミ、ステンレス、電気亜鉛メッキ面にも使用できます。
   特長
1. 使い易いターペン可溶です。塗料シンナーで希釈できます。
2. 便利な一液タイプです。硬化剤の不要な一液タイプですので残ネタが残りません。
3. 手離れの良い速乾タイプです。速乾タイプですので工期を短縮できます。
4. 幅広い下地に適性があります。旧亜鉛メッキを含む広範囲な下地に適用できます。
5. 安心の高防錆力です。2液変性エポキシ系さび止め塗料同等の防錆力を持つので安心です。
6. 環境配慮形です。鉛を含まない環境にやさしいさび止め塗料です。
7. 高作業性です。はけ、ローラー塗りが良好です。


  ハイポンファインプライマーU   日本ペイント

弱溶剤形2液エポキシさび止め塗料
2液形エポキシ樹脂系塗料の高防食性を保持したまま、更に使いやすさを追求しました。
それが弱溶剤形2液エポキシさび止め塗料ハイポンファインプライマーUです。
JIS K5551-2 性能適合品    人と環境に優しい塗料です。

こんな良さがおすすめです。
作業性が抜群
ファインウレタンU100との組み合わせにより1日2回塗りを実現した速乾タイプ
数段上の付着・防錆性を発揮します。
希釈量の目安が一目で分かり便利です(缶に希釈量を示す目印を刻印)。

   特長
1. ターペン可溶です。
塗料シンナーAで希釈できるため、取り扱いがいっそう楽になります。臭気が柔らかく、作業環境に優しい塗料です。
2. 速乾タイプです。
ファインウレタンU100との組み合わせにより、1日2回塗りを実現。
3. 塗り替え適正に優れています。
使用溶剤がマイルドですから、縮み、際に引き起こしの心配が少なくなりました。旧塗膜が油性系、フタル酸樹脂系、塩化ゴム系、アクリル樹脂系、ポリウレタン樹脂系などの上にも直接塗装する事が出来ます。
4. 作業性が抜群です。
はけ塗りはもちろん、ローラー塗装での発泡もなく、スムーズな塗りやすさを実現しました。作業性の良さは、従来の変成エポキシ樹脂塗料を遙かに凌いでいます。
5. 優れた防錆性を発揮します。
イオン交換能・キレート結合タイプの新しい防錆顔料の採用により、従来の変成エポキシ樹脂系塗料と同等の防錆性を保持しています。
6. 重金属顔料を含まない塗料です。
優れた防錆性能を保持しながら、防錆顔料に重金属であるクロム、鉛・亜鉛などを含まない、人と環境に優しい塗料です。


  アレスパワーMレタン     関西ペイント                     当社推薦

ターペン可溶ウレタン変性エポキシ樹脂塗料     F☆☆☆☆
上塗り不要のウレタン&エポキシさび止め  二回塗りで完了!
従来は下塗り素材を保護するさび止めを塗装し、美粧性を持たすための上塗りを別々に塗装していました。
アレスパワーMレタンは塗った瞬間は塗膜中に下塗り・上塗り成分が混合しています。造膜後に耐候性に有効な成分、防食性に有効な成分からなる二層に構成され、さび止めプラス耐候性を有する上塗り材としての機能を併せ持つ事になります。
ウレタン変性であるため、ポリウレタン樹脂塗料を上回る優れた耐候性を発揮します。
特長
1. ウレタン樹脂の耐候性を持つ、変性エポキシ樹脂さび止めです。
2. 従来塗装系の性能を少ない塗り回数で発揮します。
3. 施工コストの低減が図れる。
4. 弱溶剤形塗料であるため旧塗膜を選びません。
5. 亜鉛メッキ、ステンレス、アルミ素材への付着に適用できます。
6. 鉛・クロムを含有していません。
7. 弱溶剤の塗料シンナーで希釈するため、作業性に優れているばかりか、より安全な作業環境で塗装できます。


  ラスゴン     関西ペイント

鉄鋼防錆塗料
ラスゴンは、関西ペイントの多年にわたる基礎的研究と実地試験によって得られた、画期的な特許防錆塗料であり、発売以来30余年間、鋼構造物の錆止め塗料として広く使用され、多くの実績を残しています。
ラスゴンは、ビヒクル自体が優れた錆止め効果と付着性を持っており、さびに良く浸透・付着して錆を固定化させ、効果的な防錆皮膜層を作ります。また、腐食性汚染物の透過を少なくし、紫外線・赤外線に対する安定性、乾燥・吸水時の内部ひずみに対する緩和性を与えるなど、塗膜全体として、総合的に優れた防錆力を発揮します。
種類
ラスゴンには、ラスゴン50・ラスゴン100・超速乾ラスゴンの3種類あります。
ラスゴン50は、極めて優れた防錆力を特長としていますが、純油性系塗料の本質として、アルキド樹脂系塗料に比べて、乾燥がやや遅くなります。ラスゴン50の防錆性能の利点をできるだけ損なわずに、乾燥性を良くしたものがラスゴン100であり、さらに速乾性にして、工期短縮を可能にしたものが超速乾ラスゴンです。
ラスゴン50は、錆面に対する長期防錆が必要な鋼構造物の新設、塗替え用として優れた適合性と多くの実績を持っています。
超速乾ラスゴンは、1日2回塗りができ、工程短縮を可能にします。しかも防錆性はラスゴン100と同等以上で油性・長油性アルキド樹脂・フェノール樹脂塗料などに対する付着性も非常に優れています。
用途
1. タンク・プラント、配管類外面、水圧鉄管外面
2. 鉄骨、建築鋼材、その他一般鋼材
3. 橋梁、鉄塔
4. 大型器械類、貨車、台車
5. その他鋼構造物
特長
ラスゴンは、防錆顔料に重点を置いている従来の錆止め塗料とは、組成及び防錆機構が本質的に異なっているところに、大きな特長があります。
従来の錆止め塗料との違い
1. 防錆力が優れています。ビヒクル自体に優れた防錆効果と付着性とがあり、錆面に浸透、付着したり、特殊なビヒクル成分による電気化学的不動態化作用などと相まって、長期に亘り防錆力を維持します。したがって、完全な錆落としができない場合でも、一般の錆止め塗料ほど性能低下がありません。
2. 省資源・低公害形塗料です。ラスゴンはビヒクル自体に防錆力があるため、クロム化合物・鉛化化合物などの重金属塩からなる防錆顔料を使用しておりません。
3. 比重が小さく、単位面積当たりの付着量が少ない。ラスゴンは防錆顔料を含まないので、比重が小さく、単位面積当たりの塗布量が少ないという利点があります。
4. 白及び淡彩色を作れます。ラスゴンは赤錆色を標準としていますが、白及び指定の淡彩色も利用できます。
5. 汚染環境でも硫化黒変しにくい。錆止め塗料中の鉛系錆止め顔料は、工場地帯の排気ガスや都会の河川などに含まれる硫化水素によって黒変します。こうなると、鉛系錆止め顔料の機能が失われるばかりでなく、上塗り塗料の付着低下・乾燥不良などを起こすことになります。ラスゴンは、その組成上、前記のような汚染環境でも黒変しにくい特徴を持っています。
6. 腐食性イオンやガスの進入を阻止する働きが強い。鋼材を腐食させるような硫酸イオン・塩素イオン・亜硫酸ガスや硫化水素などの透過を防ぐ働きが優れています。また、塗膜下の錆の成長や、塗膜の剥がれた部分から錆が進入したりすることを防ぐ、強い働きを持っています。
7. 塗膜の耐久性がよい。防錆力を持ち、耐候性の優れた特殊なビヒクルを主成分としているので、紫外線による塗膜の分解や劣化が少なく、温度変化による変形に対しても良く順応します。
8. 上塗りの付着性がよい。ラスゴンは、油性塗料・フタル酸樹脂塗料・フェノール樹脂塗料と良く密着します。しかも、塗膜性質の経事変下が少ないため、塗装間隔も長いことによる塗膜間の付着不良などの支障が起こりにくい特長があります。


  ザウルスEX     関西ペイント              当社推薦

速乾一液変性エポキシさび止め塗料              一液タイプ
速乾性、耐久性の新次元領域ーザウルスEX
適用下地  鉄、トタンや化成処理亜鉛鋼板(ボンデ鋼板、ペンタイト鋼板等電気メッキ鋼板)溶融亜鉛メッキは不可
    特長
1. 幅広い上塗り特性と、速乾性でスムーズな作業効率を実現
強溶剤であるウレタン樹脂系塗料(アレスレタン・セラレタン)でも約4時間の短いインターバルで上塗りが可能。(その他、OP、フタル酸、NAD、アクリルなどでも当日の上塗りが可能です。)
2. 抜群の美しい仕上がり肌で、マテリアルデザインを強力にバックアップ
平滑できめ細かな仕上がり肌、上塗り塗料の艶を最大限に活かせます。
3. ターペン希釈タイプで、幅広い下地適応性を持つ抜群の使いやすさ
溶剤としてマイルドな塗料用シンナーAで希釈します。鉄、トタン、各種旧塗膜と幅広く塗装ができます。
4. すぐれた防錆力を持っています
付着性にすぐれる特殊エポキシ変性樹脂を使用、JESK5625と同等以上の防食性を発揮します。
5. 鉛・クロムフリー、そして低臭気に配慮したやさしい塗料です
環境にやさしい鉛・クロムフリー設計、そしてミネラルターペン可溶で低臭気を実現しています。


  スーパーザウルス     関西ペイント              当社推薦

ターペン可溶変性エポキシさび止め塗料      無鉛 クロムフリー     二液タイプ
最高級エポキシさび止め塗料の誕生です!
用途 幅広い素材・旧塗膜・上塗り適性。(クロム酸塩化成処理溶融亜鉛メッキされたものは不適)
特長 最強の防錆性、旧塗膜のリフティング防止、臭気も少ない。


  アレスイーグル     関西ペイント

一液超浸透形エポキシ強力サビ止め塗料              一液タイプ
深く、より深く、さらに深く浸透します。  2液を越えた先進の一液エポキシ錆止め塗料
深い浸透力は素地面(錆層)へ確実に進入し、サビ層を強く固定し、より安定した防サビ塗膜を形成します。この深い浸透力は一液形にすることにより可能になります。硬化剤マスキング技法がそれを実現しました。
硬化剤マスキング技法
未反応の硬化剤とベースが、細かい隙間に深く浸透し、湿気により反応が始まる。素地面に十分浸透し、強く安定した防サビ塗膜を形成する。
    特長
1. 素地面(サビ層)への浸透力が強力です。
2. サビ層内の水分を無害化し、サビを強く固定します。
3. 鉄、亜鉛メッキ、アルミ、ステンレスなどの面にも施工可能です。
4. あらゆる旧塗膜面に対応し、各種の上塗り塗料との組み合わせも自在です。


  アクアマックス          関西ペイント

超速乾・高性能・水性アルキド樹脂サビ止め塗料              
本格派水性錆止め塗料誕生。
    特長
1. 超速乾です。3時間(20℃)で上塗り(水性・油性)が可能です。
2. JIS K 5625と同等の防サビ力です(シアナミド鉛錆止め塗料と同等の錆止め効果を発揮します)。
3. 水性で、しかも非危険物です。
4. 水性、水性反応硬化樹脂系、油性、アルキド系塗料の上塗りが可能です。
   用途
一般鉄骨、建屋鉄骨、看板、手摺り、鉄扉、門扉、軽量鉄骨などの防錆用です。


  シアナミドサビナイト50・SDシアナミドサビナイト・超速乾SDシアナミドサビナイト 関西ペイント

 シアナミド鉛さび止めペイント
・シアナミドサビナイト50        JIS K 5625 1種
・SDシアナミドサビナイト        JIS K 5625 2種
・超速乾SDシアナミドサビナイト   JIS K 5625 2種
    特長
1. シアナミド鉛は活性なさび止め顔料で、塗膜形成要素(展色材)と反応して金属石けんを生成して緻密な防食皮膜を作ります。
2. シアナミド鉛が微アルカリ性であることと相まって、防食効果が優れているとともに暴露耐候性も優れています。
3. 一液性にため作業性に優れています。
   用途
鉄骨、建築鋼材、その他一般鋼材
 マイルドサビガード    エスケー化研                   当社推薦

ターペン可溶一液特殊変性エポキシ樹脂さび止め塗料
塗り替えから新設まで、幅広く対応
従来の一液タイプでは得られなかった防錆力を実現しました。
二液タイプの変性エポキシ樹脂さび止め塗料と同等の防錆力、付着性を持ち、安全で使いやすい速乾性の一液さび止め塗料が誕生しました。煩わしい主剤、硬化剤の混合が無く、安定した性能が得られます。
特 長
 1. 優れた防錆力と下地密着性
各種金属下地や旧塗膜に対して優れた密着性を示す一液特殊変性エポキシ樹脂と無公害型の防錆顔料の採用により、二液タイプの変性エポキシ樹脂さび止め塗料と同等のさび止め効果を実現しました。
 2. 速乾性
わずか3時間(20℃)で上塗り(弱溶剤タイプ)でき、工期の短縮につながります。
 3. 幅広い上塗り適正
各種弱溶剤形の上塗り塗料と優れた付着性を示します。
 4. 使いやすい一液タイプ
二液(主剤・硬化剤)タイプから一液タイプにすることにより、現場調合ミスによるとまく性能の低下を防ぐことができ、大幅に作業効率をアップさせます。
また、二液タイプ特有の可使時間がないため、廃缶や残塗料の軽減化につながります。
 5. 安全な環境対応型
人体に有害なクロム・鉛などを含まない安全設計。塗料用シンナーでの希釈が可能なさび止め塗料です。

適用下地
金属下地 鉄、溶融亜鉛めっき、電気亜鉛めっき、アルミニウム、ステンレス
旧塗膜 合成樹脂調合ペイント、フタル酸樹脂塗料、塩化ゴム樹脂塗料、アクリル樹脂塗料、ポリウレタン樹脂塗料、メラミンアルキッド樹脂塗料


  エポサビマイルド    エスケー化研

一液特殊エポキシ変性樹脂系さび止め塗料  (特殊エポキシ変性樹脂)
用途 内外装の鉄、亜鉛引鋼鈑、鉄部の各種旧塗膜
特長
1. 塗料用シンナーで希釈できる
2. 特殊エポキシ変性樹脂と無公害型特殊防錆顔料を配合
3. 各種金属下地や旧塗膜に対して優れた密着性と卓越した防食性を示す
4. 乾燥時間を大幅に短縮した一液タイプのさび止め塗料
5. 滑らかな表面は上塗材の光沢を引き立てる
1缶当たりの塗坪  100〜123m2/缶    設計価格* 800円/m2(300m2以上)
塗装方法  刷毛、ローラー、エアレススプレ


  SKマイルドボーセイ    エスケー化研

二液弱溶剤型エポキシ樹脂系さび止め塗料   (特殊変性エポキシ樹脂)
用途 一般鉄部(鉄、亜鉛引鋼鈑、鉄部の各種旧塗膜)
特長 
1. 特殊変性エポキシ樹脂により鉄、亜鉛引鋼板、アルミなどの各種金属板に対して優れた密着性を示すとともに、各種旧塗膜との密着性にも優れる
2. 特殊変性エポキシ樹脂と特殊防錆顔料の相乗効果により優れた防食性
3. 各種塗膜に対して縮みが生じず、幅広い上塗り適性を示しますので塗り替えに最適
4. 二液タイプのエポキシ特有の強靭な塗膜を形成するため耐久性にも優れる
5. 刷毛やローラーによる作業性に優れ、平滑で滑らかな塗膜を形成するので、上塗材の光沢を十分に引き立てる
6. 弱溶剤系の塗料で、人体に有害なクロム・鉛を含まないため臭気が少なく、安全性の高い環境に優しいさび止め塗料
1缶当たりの塗坪 80〜106m2/セット(16kgセット)    設計価格* 900円/m2(300m2以上)
塗装方法  刷毛、ローラー、エアレススプレー 


  SKサビガード    エスケー化研     ホルムアルデヒド放散等級  F☆☆☆☆

水性錆止め塗料
「SKサビガード」は、金属部材専用のオール水系錆止めシステムです。特殊変成アクリル樹脂と特殊防錆顔料を配合する事により、金属下地を始め各種旧塗膜に対して高い機密性と優れた防食性を発揮します。
用途 建築物の鉄部
特長 
1. 専用上塗り塗材を使用することによりオール水使用が可能です。
2. 鉄、クロムを一切含みません。
3. 特殊変成アクリル樹脂の密着性と特殊防錆顔料の相乗効果により、優れた防食性を発揮します。
4. 水性塗料なので下地を侵す心配がなく、塗り替えにも適しています。
5. 作業性に優れ平滑で滑らかな塗膜を形成します。

注意 あくまでも 現状に合わせた塗料選びは、プロの判断です。メーカーに問い合わせて施工要領書を作成してもらうのも良い。
    下塗りとして 錆止め塗料を掲載しております。錆止め塗装の次の工程は、中、上塗りです、同メーカーの上塗り塗料を
    メーカー仕様に基づいて 塗装を行います。



ホーム新着情報会社案内問い合わせ

有限会社 片貝塗装
埼玉県川口市朝日2-27-2


TEL:048-224-8436
FAX:048-224-8714
The painting business

The kindness

The politeness

Special

See and go.

katagai homepage

Copyright(C) 2009 Katagai toso All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】